キャッシングガイドブック

MENU

ブラックリストとは

キャッシング等の金融サービスにまつわる用語の中でもブラックリストと言う言葉は殊に有名なものである。カードをあまり利用しない生活をおくっていてもこの言葉はご存知の方が多いだろう。しかし、その正確な実態は意外と知られていないようである。

 

ブラックリストとは俗称で正式な用語ではない。信用情報の瑕疵(傷のこと)と言うのが正式な呼び方だ。融資をする業者は収入、職業等の基本属性の他にそれまでの借金でお金をきちんと返してきたかを重視して融資を決めている。

 

この判断材料となるのが信用情報と言うデーターであるがこれは各企業が各々プールしているのではなく信用情報機関と言う組織が収集し管理して企業からの照会請求によって開示をしている。自分の契約した業者がどの信用情報機関を利用しているかは契約約款に必ず書いてあるので確認をしてみるとよいだろう。

 

瑕疵情報として登録される事項は長期の延滞、客観的に見て正当だと思われる事由がない状態での突如の契約解除、債務整理、債権者への訴訟などである。瑕疵情報が登録されている期間は新規の借り入れをできなくなることが多い。

 

ただし、情報は常時更新され、ある程度の期間が経てば瑕疵情報の登録は解消される。

 

信用情報に瑕疵がない状態を俗にホワイト状態と呼び、ブラックはその対として生まれた言葉で何かを黒く塗りつぶしているわけではない。瑕疵情報のある人は「この人にお金を貸しても戻ってこない可能性がある」と言う意味でクロとみなされているのである。