キャッシングガイドブック

MENU

返済法あれこれ

キャッシングのサービス元は利用者の借入金の返済を促すために様々な返済法を用意している。どこで返すかについてだけでも指定口座からの引き落とし、ATMでの支払い、ネットバンキングの利用、店頭での持参払い等多岐にわたる。

 

指定口座からの引き落としは支払いの度に行動を起こさずに済むと言う利点があるが、口座残高が1円でも足りないと引き落としてもらえずカード停止に繋がりやすいと言う難点がある。

 

クレジットカードなどは残高不足日を置いて再引き落としをかけてくれる業者が多いが、キャッシングサービスの場合残高不足に対する猶予がない業者が殆どだと言われている。

 

インターネットの照会サービス等で支払額は必ず確認しておこう。リボルビング払い等毎月同じ金額を支払う契約をしている場合には口座引き落としは便利で簡単なので良い手法である。

 

ネットバンキングの長所はわざわざ銀行やコンビニエンスストアまで赴いて支払う必要がなく、時間が空いたときに支払いを済ませることができると言う点にある。

 

何回で返すかと言うことについては大別すると1回払いと複数回の分割払いがある。定められた期日内に1回払いで返済すると低金利(時に無利子)で借りられるサービスもあるので借り入れが少額である場合は早期の返済を心がけるとよい。

 

分割払いの中でも支払う額が毎月一定になる元利定額方式のリボルビング払いは月々の出費を抑えやすいが、長期の返済に陥りやすく、利息の総和が膨大なものになってしまうので注意が必要だ。