キャッシングガイドブック

MENU

総量規制とは

キャッシングを利用する人の最大の関心ごとはおそらく「自分がお金を借りられるか」「借りられるとしたらどれぐらい貸してもらえるか」と言う事であろう。この借りられるか否かに大きく関わってくるのが改正貸金業法によって新たに規定された総量規制と言う制度である。

 

総量規制とは借り入れ額の総量が借り入れる人の年収の3分の1を超えてはならないと規定した制度である。また、返済額にもこの規定が適用して月ごとの返済が月収の3分の1を超える契約も結べなくなった。

 

ただし、事業者向けの融資や銀行からの借り入れ、クレジットカードのショッピング枠の利用については規制する法律が別に存在するので総量規制の対象外となる。

 

総量規制の背景には多重債務者や自己破産件数の増加があると言われているが、収入の低い人がお金を借りられなくなって家計が破たんしてしまう、何とかお金を借りたい人が行政の指導に従わず貸金業の登録を行っていない金融業者いわゆる闇金からの誘いに乗ってしまうなどの問題点も指摘されている。

 

借り入れ額に制限がかかると言ってもこの規定によって監督されるのは融資をする側、キャッシングサービスの提供者である。何らかの方法で年収の3分の1以上の借り入れをしたとしても処罰の対象になるわけではないので安心してほしい。

 

ただし、当たり前のことだが非合法集団からの借金(利益供与とみなされ刑事罰の対象となる)や詐欺まがいの手口で融資を受けたりした場合は処罰を受けることになる。