キャッシングガイドブック

MENU

カードローンとキャッシング

ATMから現金を借り入れることができるサービスにはキャッシングの他にカードローンがある。

 

以前はキャッシングは当座必要なお金を少額借り入れて1度で返すもの、カードローンは借りたお金を何回かに分けて計画性をもって返すものと定義がされていたが、支払い方、借り方の多様化によってその意義が無くなりつつある。

 

とりあえず借りる側にとっては利子や返済期限等の条件が同じならば、両者を厳密に区別する必要性がないのが現状だ。

 

キャッシングと言う言葉はかつてはサラ金と呼ばれ高利貸しの代名詞だった消費者金融を想起させてしまうので、銀行や信販会社はできてから日が浅くダークなイメージがないカードローンと言う言葉を使って差別化を図ることが多い。

 

因みに、改正貸金業法の施行によって消費者金融の利息も引き下げられ、行政の監視機能も強くなっておりサラ金を悪名高くした無理な取り立てや強引な融資、返済に行き詰った債務者に対する他業者からの融資と言う問題のある行動は少なくなってきていると言われている。

 

また、多くの消費者金融の経営母体が大手銀行の傘下に入った今では消費者金融のサービスと銀行のサービスの合いの子のような貸し手も多く生まれ、以前のようにキャッシングは借りやすくてカードローンは借りにくいと言う単純な図式は成り立たなくなっていることも覚えておきたい。

 

名称云々よりも自分のニーズにいかに誠実に答えてくれるかによって業者を選定したいものである。